FC2ブログ
プロフィール

mkj64

Author:mkj64
19XX年生まれ、ふたご座、B型
鉄、競馬、クラシック音楽を趣味とする
休日は気ままに…

この「いつまでも気ままにいましょうね♪」をご覧いただいてありがとうございます。当ブログでは相互リンクを募集しています。ジャンルは問いません。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

いつまでも気ままにしましょうね♪
グダグダ書くブログへの変更を考えています
北陸へ~キハ52ラストを撮るために⑥ キハ52午前の部
中土駅 駅舎

 前日は車の運転もしていましたが、そのうえ撮影したり崖を登ったり、あげくにはハプニングもあって()車中泊であったものの、ぐっすり寝ました。
 この日はキハ52の撮影なんですが、糸魚川9:48発。自分が撮影するところは10:30くらいの通過なので非常に朝はゆったりです。
 車中泊したのは道の駅 小谷前日22時前に着いたんですが、結構車が止まっていてほとんどがカーテンやシェードで閉めており車中泊なんだろうと思います。

道の駅 小谷
 私はちょうど左の大きな柱の横に止めていました。私が来たときは、ひとつ開いてRV車の家族連れが先客で来ており、布団を出していたので家族で車中泊していたと思います。

 そのまま寝ていたのですが、ここからとんでもない迷惑行為ドアをバンバン開け閉めする音と、しゃべり声で目覚めます。私の隣に新しい車が来たようですが、中年のグループ。朝の6時からドアを何度も開け閉めするかと思いきや、私の車の前でペチャクチャ大きな声でしゃべるわ

「寝れねーーーーーー

 仕方なしにトイレに行って、していたら中年グループは逃げるように道の駅を出て行きました。嫁にこのことを愚痴ったら「アンタのボサボサの頭と寝起きのコワい顔見たから逃げたんでしょう

 さて、気を取り直してキハ52の撮影場所を探します。今までは大糸線ではほとんど新潟県側でしか撮ったことがありませんでした。今回は長野県側で場所を探しました。で、最初に行ったのは中土駅。
中土駅 ホーム
あんまり撮影地にはならない感もありますが、時間はたっぷりあるので列車がくるまで過ごしました。かつては行き違いができたようですが、今はポイントが外されています。

中土駅 キハ120
キハ120が入線してきました。朝7時台ですが、日曜日ということもあり乗る客が一人、降りた客は比2人でした。降りた客はカメラバッグを持っていることから同業さんかと思われます。

100822 姫川第3ダム
先日もこの写真を載せましたが、国道の旧道を再び北小谷の方へ向かい、鉄橋で撮ることにしました。

中土 北小谷間 鉄橋
(写真はクリックすると別ウインドウで大きく表示されます)
いい感じの鉄橋なんですが、光線が当たるのはこの時間だけ。しかも側面にしか太陽が当たりません。さらにキハ52のときは後追いになるので、これだけ撮影して再び移動します。

 そして、1枚上の川原からの撮影をしました。道の駅で起床した時はさすが山、と思うほど涼しかったのですが川原で直射日光が当たると気温は上昇昨日と同じく立っているだけで汗だくの状態に。しかし、2時間くらいここにいなくてはならないので熱中症対策は必要です。

姫川第3ダム 熱中症対策
川の水でタオルを濡らして絞って、ビニル袋に入れてそれを首に当てて冷やす。豆にタオルを絞らないといけないのであまり有効ではありませんでした

姫川第3ダム キハ120
キハ52の先行するキハ120の普通列車を望遠で撮りました。タイミング的に早かったかもしれませんが、RAW+JPEGの2つの形式では処理が遅く早めに撮るとこうなりました

 この後、いよいよキハ52「ジオパーク号」が通過していきます。最初、川原に来たときは同業さんが3人くらいしかいなかったのですが、キハ52が通過するころには20人くらいになっていました

姫川第3ダム キハ52
まだタイミング早かったかな?さっきよりはマシ?自分ではいい感じと思っています


 悪い目覚めでしたが、撮影は気分よくできました。今度は南小谷から帰ってくる「ジオパーク号」を撮ります(続)



鉄道コム

追記:道の駅小谷につきましては、ホームページの写真をお借りしました。
スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://poinpohi.blog62.fc2.com/tb.php/390-8cef6907
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)