FC2ブログ
プロフィール

mkj64

Author:mkj64
19XX年生まれ、ふたご座、B型
鉄、競馬、クラシック音楽を趣味とする
休日は気ままに…

この「いつまでも気ままにいましょうね♪」をご覧いただいてありがとうございます。当ブログでは相互リンクを募集しています。ジャンルは問いません。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

いつまでも気ままにしましょうね♪
グダグダ書くブログへの変更を考えています
北陸へ~キハ52ラストを撮るために② 富山地鉄の大きな駅
寺田駅 駅舎
(写真はクリックすると別ウインドウで大きく表示されます)

 前回①からの続きです。倶利伽羅駅を出て、小矢部の道の駅でちょいと仮眠ところが汗まみれで起きた私は、なんとか眠気もおさまって出発します。次の目的地は富山地方鉄道の寺田駅。ここには「撮り鉄」ならぬ「撮り駅」にやってきました。

 富山地方鉄道は古い歴史があります。富山駅から始まり、立山連峰の入り口である立山、今は黒部ダムの黒部峡谷鉄道の連絡駅であり、名湯でもある宇奈月温泉という2つの大きな観光地にアクセスしています。また、JRと並行する路線がありながら、駅数が多く地域住民の重要な足としても大きな役割を持っています。
 かつては富山からの国鉄線、JRの車両が乗り入れて大阪から直接、立山や宇奈月温泉に行くこともできました。古くは475系の急行列車、また新製当初の681系も「サンダーバード宇奈月」「サンダーバード立山」として乗り入れたこともありました。

 乗り入れはなくなりましたが、この鉄道は古くから大手私鉄の古い車両を買い入れて改造し、現役で活躍している点でも鉄道ファンの注目を集めています。

 私が乗ったのは8年前の2002年。西武からレッドアローが転属してきたときでした。今回は再会できるでしょうか?

寺田駅 改札
(写真はクリックすると全て別ウインドウで大きく表示されます)
最初の写真は駅舎。この写真はその内部の改札口。乗らないのですが、駅に入れてくれるだろうか、と不安を抱えつつ…。

 改札口には駅員さんはいませんでした。2つの線が交わる富山地鉄の要塞も今や無人駅?と思っていたら、ベテラン駅員さんがやってきて「どこまで乗りますか?」と。

「駅の写真を撮りたいので、中に入りたいのですが、入場券ありますか?」と私。

「あ~そうですか、申し訳ありませんが」    ん?不可?
「入場券200円かかりますが、よろしいですか?」と続けられました。

 よろこんで200円払いました撮影料と思えば安いものです

寺田駅 3番ホーム1
構内踏切を渡って最初に目につくのが、この駅舎よりも大きな待合室。今は待合室ですが、かつてはいろんな機能を備えていたようです。

寺田駅 待合室全景
その待合室の全景。やはり駅舎よりも大きい・・・

寺田駅 3番ホーム2
下を見ると、ホームの路盤にも歴史を感じます。

寺田駅 待合室内部
待合室の戻って、内部へ。ここは売店跡だったそうです。地鉄は元気でも、売店の売り上げはよくなかったんでしょうか。今はカーテンが閉まったままです。

寺田駅 待合室横
そのすぐ外。木製のソファーが健在です柱のレンガは赤茶色でないところが、またレトロさを感じさせます。

寺田駅 待合信号
売店の反対側には信号所。誰もいませんし、鍵もかかっています。使ってないように見えるんですが、そんなに古くない電気ストーブがあるし椅子も壊れていない。ラッシュ時には使っているのかもしれません。

寺田駅 待合ソファ
つい…。古い建物だとモノクロ写真にしてしまう。木製のソファーに少し光が射す場面がモノクロ写真に合うかな~と

寺田駅 元京阪3000
やっぱり電車も撮っておきたい。やってきたのは立山行きの普通列車。京阪の元3000系です。8年前に来たときはこれで宇奈月温泉まで行きました。ロマンスシートは快適ですが、各停で1時間半は別の疲れを感じたのを覚えています。

寺田駅 うなづき号
時刻表を見ると特急がくるらしく、これは待ち構えて撮りました。先の駅員さんが「特急は1番線ですよー」と教えてくださいました

 特急が過ぎたあとはしばし、電車はなく駅全体が静かな時間に。しかし、暑い正午過ぎだったんですが、気温は過去の記録を見ると32℃この日、2度目の汗だくに
 
 駅のアクセサリーも時代を感じさせるものがあります。
寺田駅 表示
駅名表示は新しいものもありますが、基本デザインは同じ。その中では一番色褪せしているのが、この看板でした。

寺田駅 ケロリン
ケロリンは銭湯の洗面器でよく見たデザイン。これをレトロと言ったら内外薬品さんから「今も現役です」と怒られそうですが、長い歴史と変わらないデザインは記憶に残るものです。

 この駅は、駅旅のススメという本に紹介されていました。おそらく、木造駅舎として他の本やサイトにも多数紹介されていると思います。今回はレッドアローを見れませんでしたが、今度はレッドアローを撮りに行ってみたいです。



鉄道コム
スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

コメント

モノクロ、木の古い感じがでてていいですね~~
古い木大好きw
駅って乗らないと入場券いるんだ・・・
知らなかったww
[2010/08/26 08:42] URL | らい #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
for らいさん

いつもコメントありがとうございます。いわゆる有人駅では入場券はいりますね。逆に無人駅ならどんなに大きくても広くても入場券はいらないんです。

今回行った駅、全部モノクロにしても違和感ないようなところです。
[2010/08/26 10:38] URL | mkj64 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://poinpohi.blog62.fc2.com/tb.php/385-057d4367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)