FC2ブログ
プロフィール

mkj64

Author:mkj64
19XX年生まれ、ふたご座、B型
鉄、競馬、クラシック音楽を趣味とする
休日は気ままに…

この「いつまでも気ままにいましょうね♪」をご覧いただいてありがとうございます。当ブログでは相互リンクを募集しています。ジャンルは問いません。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

いつまでも気ままにしましょうね♪
グダグダ書くブログへの変更を考えています
菊水から新神戸ハイキング②
鵯越駅
 (前回①からの続きです)自宅から1時間かけて市街地・住宅地を歩いて鵯越駅に着きました。ここからはいよいよ山道に入ります。
 鵯越駅に着くと、そのまま踏み切りに行ってしまいそうです。しかし、踏切を渡っていくと鵯越墓園に向かいます。ここは墓にしては雄大で眺めもいいところなんですが、ハイキング向けではありません
 順路としては、最初の写真の一番右、スロープよりもさらに右の細い道を通って行きます。

駅からの縦走路
これがその細い道の正体。昨年の記録にもあるかと思いますが、ここで一旦暗くなります。

 周りの木がよく生い茂っており、年中日光を遮っています。しかし、真っ暗というわけではなく・・・
鵯越から烏原1
こんなだったり、
鵯越から烏原2
こんな感じです。山道ではありますが、平坦です

 この山道を抜けると、烏原貯水池への車道に出ます。ここは車1台分は通れる舗装道路になっています。
烏原から菊水山1
 烏原貯水池の正門を過ぎると、急に右へ曲がれの看板に。これを曲がらないと行き止まりだそうです。今度は段差のあるキツイ階段を下りて、また舗装道路に出ます。今度の道路はアップアップ。坂を上がっていき、やがて菊水山への登山口に着きます。
菊水登山口
「ここからが菊水山の登山道です」といった表示はないのですが、工事車両を含めて全く車が入れないところを基準としてみました。
 昨年はあっただろうか、喫茶店ができていました。コーヒーやカレーがメニューにあるのですが、なんとバーベキューがメニューにあるのです。菊水山から下りて来た人たちの定番なのでしょうか?

 ほどなくゆるい階段を登っていくと、菊水山の駅跡に着きます。昨年はここまででしたが、今回はここからが勝負
菊水山駅跡080609
左の階段は菊水山駅のホームに向かいますが、菊水山駅はすでに休止(廃止と考えてもいいかも)なので入れません。今回は右側の山道を進むことになります。

 山道は暗そうですが、すぐに開けます。かつては神戸電鉄が山を迂回しており、線路際すれすれでかつ草だらけの道を歩いていたようです(幼少の頃に菊水山~鈴蘭台間の旧線を電車でたどったことが何度かありました)。現在では神戸電鉄に新しいトンネルができたのと、石井ダムの完成に伴い登山道もきれいに整備されました。

石井ダム
そのきれいな登山道を撮ればいいのに。どこをどう撮ってまとめればいいかわからず、結局石井ダムだけを撮ってしまいました。

 さて、ここからの登山道は本当に険しい今まで登った山の標高では最高が高取山の328m。今回は451mの菊水山です。この100m差はかなり・・・・こんな階段や
菊水登山道1

こんな階段ばかり・・・
菊水登山道2

 それでもスイスイ登る人はいますし、数千mの山に登る人はもっと険しい道を行ってるんですよね~私にもそんな脚力が欲しいと思いながら、1段に数秒もかけてゆっくりと山頂を目指します(続)

スポンサーサイト



テーマ:お散歩お出かけ写真 - ジャンル:写真

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://poinpohi.blog62.fc2.com/tb.php/366-d9a32116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)