FC2ブログ
プロフィール

mkj64

Author:mkj64
19XX年生まれ、ふたご座、B型
鉄、競馬、クラシック音楽を趣味とする
休日は気ままに…

この「いつまでも気ままにいましょうね♪」をご覧いただいてありがとうございます。当ブログでは相互リンクを募集しています。ジャンルは問いません。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

いつまでも気ままにしましょうね♪
グダグダ書くブログへの変更を考えています
遠回りして歩いて帰る④
 前回③の続きです。いよいよ念願の須磨アルプスへ入ります

 高倉台の住宅街から離れて、再び山道に向かうわけですがここで途方もないものを見つけます
pコックから栂尾1
須磨アルプスや六甲全山縦走路の数々のサイトで紹介されていますが、この長い階段こそ難所であります。段数までは数えてませんが、登れど登れど先がわからないシンドイ階段です。

 しかし、途中で住宅地を見下ろせたり、今までに行った鉄拐山やおらが山を振り返ることも出来ます。
栂尾から鉄拐(写真はクリックすると別ウインドウで大きく表示されます)

 この長い階段を登りきると今までみたような山道に入るわけですが、ちと異なります。
pコックから栂尾2(写真はクリックすると別ウインドウで大きく表示されます)
須磨アルプスを形成する花崗岩(かこうがん)が中心の山道。看板には「落石注意」と書いてあります

 そんな岩道を歩くこと15分。アルプス目前の山、栂尾山の山頂に着きます。
栂尾山頂
 眺望はそれほどよくないので展望台が設けられていますが、今回は登っていません。
栂尾山頂3(写真はクリックすると別ウインドウで大きく表示されます)
 なぜ登らなかったか、理由はただ一つ。空腹だったからです景色よりも飯。大丸Pコックで買ったもので昼食を取ります。
lunch
この日の昼食。少食ではないのですが、アルプスで嘔吐したらどうしようという変な警戒心からこれだけにしました。
二つとのから揚げ串です。しめて276円なり

 さて、栂尾山から東山へとつながる道が通称「須磨アルプス」です。一番行きたかったところです
アルプス注意
さっき、栂尾山への階段にも立て札がありましたが、ここでも念を押すように立て札がしてあります。

危険らしい…(((゙◇゙)))カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ

栂尾からアルプス(写真はクリックすると別ウインドウで大きく表示されます)
栂尾山への山道にも花崗岩がふんだんにありましたが、ここからはさらに多くなります。この階段を通り抜けると・・・。

アルプス1(写真はクリックすると別ウインドウで大きく表示されます)
もう道は整備されていません。というかは整備しようがない。花崗岩はモロイのが特徴です。手を加えなくても風化してボロボロになるそうです。鎖が張ってあるだけでもありがたいものです。この道を通るときは素手は止めたほうがよさそうです。(私は軍手を装備しました)

アルプス2
須磨アルプスキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 上から撮ったので底が見えていませんが、これが全景です。
余談ですが、このブログ史上最も大きなサイズの写真です

 写真が多くなったので今日はこの辺で



スポンサーサイト



テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://poinpohi.blog62.fc2.com/tb.php/345-be565711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)