FC2ブログ
プロフィール

mkj64

Author:mkj64
19XX年生まれ、ふたご座、B型
鉄、競馬、クラシック音楽を趣味とする
休日は気ままに…

この「いつまでも気ままにいましょうね♪」をご覧いただいてありがとうございます。当ブログでは相互リンクを募集しています。ジャンルは問いません。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

いつまでも気ままにしましょうね♪
グダグダ書くブログへの変更を考えています
鉄道博物館②1階で
 前回の①の続きです。2階からみたヒストリーゾーンを1階から見て写真を撮りました

鉄博1階1
1階で最初に行ったのは0系新幹線。カットモデルで運転席しかなかったです。運転席の開放は時間が決まっていたので見れませんでした。

鉄博1階2
クハ181。私は関西で育ち、新幹線が博多開業後に生まれたのでこの車両を見たことがありません。初めて見ました。やはりボンネットはどれを見てもウットリ

レムフ車掌室
レムフ内部
上;レムフの車掌室、下;レムの内部
貨物の展示は極めて珍しいです。まして、内部の開放はなおさら珍しいものです。こういったコンテナ以外の貨物も懐かしいものです

ED75の見つめる
現役少なしED75。東北の客貨の輸送を支えた交流電気機関車の代表とも言えましょう。貨物ではまだ活躍はしていますが、客車列車の牽引はもうありません。50系とのコンビがよく似合いました。今は何を見つめる?


鉄博1階4
午後3時からのターンテーブルの回転と蒸気機関車の説明。非常にわかりやすい説明でした。最初に着いたときはこのターンテーブルが回るとは思いませんでした

鉄博1階外 455
1階の外側=西側はこども向けのミニトレインがあります。その前に実物の電車を使った休憩室があります。これは455系。2両つないでおり、今にも動きそうな感じです。

455内部
フレンドリートレインと称された455系の休憩室の内部です。テーブルが付きましたが、それ以外は東北で走っていたときと変わりません。


 さて、次は重点的に撮ったクハ481の内部。2両つながれた485系の内部は懐かしさが満開でした。
クハ481内部
481系の初期車は今では考えられませんが「ロマンスシート」と名前はいいのですが、2人掛けでリクライニングできませんでした。私は小学生のときに初めて雷鳥で金沢に行ったときに座った経験があります。

東日本地図
クハ481の先頭のヘッドマークは「ひばり」。その運転席の後部の壁には国鉄の東日本の地図が掲載されています。この車両は東北で使われていたことを証明しています。

洗面所
これは特急列車に標準だったといってもいい洗面所。ブルートレインにもよく使われていました。

冷却飲料水
この冷却水の機械。30代以上の方には懐かしく感じられるでしょう。とくにいびつな形をした紙コップは忘れられません。どうして置けないのか、と今でも疑問に思います。(続)

スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://poinpohi.blog62.fc2.com/tb.php/332-e18ec143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)