FC2ブログ
プロフィール

mkj64

Author:mkj64
19XX年生まれ、ふたご座、B型
鉄、競馬、クラシック音楽を趣味とする
休日は気ままに…

この「いつまでも気ままにいましょうね♪」をご覧いただいてありがとうございます。当ブログでは相互リンクを募集しています。ジャンルは問いません。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

いつまでも気ままにしましょうね♪
グダグダ書くブログへの変更を考えています
高取山について①
高取山山頂写真


 最近、関東圏では若い女性が高尾山や富士山などに山登りに行くのが流行ってるらしいですねでは関西圏は?と思うのですが、私mkjはあるきっかけから昨年夏に山登りを始めました。ただ、「貧」ですので大した装備はできません山登り専用の装備を持たずとも通年登れる山があります。
「通年登れる山ならいくらでもあるやろう…」といわれそうですが、私が登っている高取山は結構キツイ約330mしかないにもかかわらず階段だらけ普通に登っているだけでケツから悲鳴私の体力の無さもありますが・・・・。

高取山の地図(クリックすると別ウインドウで地図が表示されます)

(写真は全てクリックすると別ウインドウで大きく表示されます)宮丘参拝口
高取神社への参拝口は複数ありますが、私がよく使うのは一番わかりにくいこの宮丘からの参拝口です。

宮丘階段
宮丘からの参拝口ではいきなり百段以上の及ぶ階段から始まります。

山道
階段を上がったら、今度は民家の中をすり抜けて行きます。そして駐車場を過ぎるとようやく山道に入ります。

分岐
山道をしばらくすると、分岐点があります。ここはわかりにくい宮丘からの参拝口と本道である五位の池からの参拝道の合流点にあたります。左奥の建物は最初の茶屋です。

風景1
途中、東側を見渡せる場所がありますが、ここは通路になります。見通しはいいのですが、まだまだ上へ行けばもっと見通しはよくなります。

安井茶屋前
高取山のある茶屋の中で、大きい方に入る安井茶屋の前です。分岐点から神社までは道が舗装されていて、足への負担は少ないです

山道2
舗装されている山道にも階段はありますが、急ではありません。

月見
高取山の茶屋では最も高い位置にあるのがこの月見茶屋です。

鳥居
月見茶屋を抜けてすぐ、鳥居になります。

神社
鳥居からの階段はなぜか、非常に急になります。それを登りきったところが高取神社になります。

神社風景2
神社からの風景です。これはこれでいいんですが、左上の電線が気になります。

山頂碑
さらに上へと登る階段があり、階段の区切りごとに安産や事故の守り神が奉ってあります。そのうち、風景を撮るにふさわしい場所が1箇所だけあります。

山頂風景
唯一大きい写真のまま載せましたこの場所からさらに上に上がることができます。

山頂碑
最後に、山頂碑に当たるわけです。この山頂碑の付近には地蔵様があります。

 というわけで、簡単に高取山を紹介しました。この山、高さは330m弱ですが、六甲全山縦走路にもなっています。さらに登山口がたくさんあります。今度は異なる登山口を写してみたいと思います
スポンサーサイト



テーマ:神戸 - ジャンル:地域情報

コメント
山頂風景
見晴らしいいですね~
住宅地にぽこっと山があるんですね^^
茶屋に行ってみたい(^-^)
[2009/12/05 17:51] URL | らい #- [ 編集 ]

Re: 山頂風景
for らいさん
昔はこの山は六甲山系と続いてたんですけどね~。埋め立てのために孤立してしまった経緯があります。しかし、こんな低い高取山が神社があるゆえに残ったのはよかったと言えましょう。
この程度で登山してる、と言う自分がなんか悲しいv-390
[2009/12/06 22:24] URL | mkj64 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://poinpohi.blog62.fc2.com/tb.php/284-a790a6be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)