FC2ブログ
プロフィール

mkj64

Author:mkj64
19XX年生まれ、ふたご座、B型
鉄、競馬、クラシック音楽を趣味とする
休日は気ままに…

この「いつまでも気ままにいましょうね♪」をご覧いただいてありがとうございます。当ブログでは相互リンクを募集しています。ジャンルは問いません。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

いつまでも気ままにしましょうね♪
グダグダ書くブログへの変更を考えています
北海道撮り鉄旅行③網走で撮り鉄、いや流氷観光!
 あまり寝てないままに網走に着きました。前回②の最後の写真にもありますが、雪が多く積もっていました。しかし、それよりも困ったことに寒い…
 さて、網走に来るのは2度目です。この日の予定は北浜での「流氷ノロッコ号」の撮影です。撮影までに非常に時間があるので、網走のどっかで朝食を…なんて考えてたのですが、中心地まで歩いても店がないというかは開いてない
 この旅行に行った間、あまり寒気の影響は受けなかったんですがこの日の網走の気温は-8℃。ホットコーヒーをこぼすと、数秒で凍ってしまいます歩いてて耳がちぎれそうな寒さでした
abshiri river1

 この写真、どこかの氷のように見えますが
abashiri riverw

 網走川の写真です。川が凍ってしまうほどの寒さだったわけです。網走の駅から中心地までは歩いて20分ほど。そして、結局店を探すことが出来ずに何もせずに駅に帰ったので往復40分。駅に着いたとき、の充電が切れてしまいました。駅のコンセントを拝借して充電、2時間駅から動けずにいました。

rapid shiretoko

 やがて、携帯の充電も終わり網走を出発します。目的地は北浜です。上の写真の快速「しれとこ」は2両編成ですが、座席は全て埋まるくらいの乗車率でした。車内の暖かさにすこし眠気を誘いますが、網走を出てわずか16分で北浜駅に着きます。
kitahama station

 鉄道ファンの間では言わずと知れた駅ですが、この駅も立派な撮影地ですが私はその先の鉄橋でカメラを構えることにしました。
kitahama genba
こんな感じやはり雪深いです。このころにはだいぶ気温も上がり、じっとしてても寒さを感じませんでした。
kitahama brige

ryuhyou norocco

 下の写真は失敗でした雪がなければもう少し線路際まで行けたのですが…長靴は用意すべきだと

kitahama ekidori

 知床斜里行きの最終のノロッコ号を待っている間に普通がきました。斜里岳と合わせて撮ってみました。そして、北浜駅でノロッコを駅撮りして次の列車で釧路に向かう予定だったんですが…。とろとろとカメラや三脚を片付けていて、なかなか列車が出発しません。私は北浜駅の展望台の踊り場にいたのですが、車掌が「まもなく列車が発車しまーす」と言いながら、私と目が合ってしまいました
(都会のように「次の列車に乗りますから」なんて言える雰囲気ではない、乗ってしまえ)と思ったかどうかはわかりませんが、ノロッコ号に乗りました。でも、車内の写真も撮れたし今となっては車掌さんに感謝です
norokko shanai1
norokko shanai2

上の2枚の写真は、いずれも「ノロッコ号」の車内です。昔使っていた車両を改造しているわけですが、下の写真では内装は改造されていません。展望できない分、この車両は人気がないわけですが、鉄道ファンの中でも客車ファンはこっちにそそられるはずです。(私はこっちにそそられましたので、一人だけでこの車両に乗りました)でも、流氷の見えるスポットでは再び展望車の方に行きました
ryuhyou

 実は私が網走に着く前々日まで流氷は来なかったそうです。この写真の前日にようやくやって来たとのことです(続)
 
スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://poinpohi.blog62.fc2.com/tb.php/138-ba8273ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)