FC2ブログ
プロフィール

mkj64

Author:mkj64
19XX年生まれ、ふたご座、B型
鉄、競馬、クラシック音楽を趣味とする
休日は気ままに…

この「いつまでも気ままにいましょうね♪」をご覧いただいてありがとうございます。当ブログでは相互リンクを募集しています。ジャンルは問いません。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

いつまでも気ままにしましょうね♪
グダグダ書くブログへの変更を考えています
三木鉄道 さようなら
 今日を持って、三木鉄道が廃止となります。1986年に国鉄から第3セクターとして独立したローカル鉄道がまた消えます。おととい、その三木鉄道の沿線を撮り鉄してきました。今日はその記録をご覧ください
 私はこの三木鉄道廃止の情報を聞いてから3回行きました。1回目は昨年夏、2回目は昨年11月、そして3回目がおとといです。1回目、2回目とも沿線で写真を撮っている人はなかったものですが、さすがに今回は違った駅ごと、踏み切りごとにカメラを構える人がおり走る列車もほぼ満員。結構知名度のあった鉄道なんだな~と思いました。

 神戸電鉄で三木に向かい、三木駅から徒歩で三木鉄道の三木駅に着きます。普段はがら~んとしている駅前で、人通りもまばらです。ところがこの日は…
mikitetu miki
廃止前のイベント開催で結構な人だかりでした。写真では少ないようにも思えますが、列車が来るごとに人が入れかわってましたので、訪れた人数にすればかなり多いと思います。三木駅は無人駅ではないのですが、ホームへの立ち入りは自由なんでホームに行ってみました。ちょうど、厄神からの列車がやってくる時間で写真を撮りました。
miki shuten
横目に見る車内は満員。普段は運転士一人がお金のやり取りをできる程度しか乗客はないのに、この日は3人くらいの駅員や車掌が乗ってお金のやり取りをされていました。私はこの時点ではまだ列車に乗らず、この三木駅から厄神に向かって歩きながら列車を撮ります。
asahi zinja
一枚目はここ。三木駅から徒歩10分くらいにある朝日神社。三木市内では有数の桜どころでありますが、この日は残念ながらつぼみでした廃止を控えた三木鉄道に、今年の桜は間に合いませんでした。(当ブログのリンクにあります鬱獣さんのブログでは桜とのコラボが掲載されています、そちらもご覧ください)
 次は別所駅で昼食&休憩。別所駅の近くにマックスバリュがあるのでそこで食べ物を調達して、別所駅で食事。ここでも10人ほどがカメラを構えていました。私もここで写真を撮りました。別所駅は国鉄時代からある駅のひとつで、駅舎は木造で旧式のトイレも残っています。
bessho sta2
bessho sta

 休憩のあとは、再び厄神方向に歩き出します。三木鉄道は県道の20号線に沿っていますので歩きながら線路が見えます。時計と時刻表を見ながらブラブラと、そして列車を撮りました。
ishino-nishihouda
ishino
ishino2

 これらの風景はもう見れなくなるようですね…

bus

 一方県道を歩いていると新しいバス停が目立ちました。これは明日から走る、代替バスのバス停です。写真では時刻表が出ていますが、明日からこの県道に厄神から三木へと行く神姫バスが走るわけです。
 そして、私は石野駅から三木まで三木鉄道最後の乗車をしました。やはりこの列車も満員で、整理券を撮るのに一苦労でした。そして、降りるのも一苦労でした私が乗車した石野駅も、国鉄時代からあった駅のひとつで木造駅舎です。
ishino sta
写真のように別所駅と同じような構造ですが、別所とは違い、狭い路地にあることや、隣がある会社であることから時代におかれたようなそして寂しい感じがします。廃線後もしばらくは撤去されないと思いますので一度見に行ってはいかがでしょう

arigatou mikitetu

 最後に各駅に掲げられていた横断幕です。三木駅にもありました。

 三木鉄道は国鉄時代から92年の歴史があったそうです。私は神戸に住んでますが、加古川線を撮りに行くときに見るくらいでした。しかし、今回廃止にあたってたくさんの人が訪れるように、知名度はあったようです。三木鉄道のように県道の整備されていることによって利用が減少している鉄道はまだまだ全国にたくさんあります。この廃止はやむをえないことではありますが、一鉄道ファンとして、これからもこういったローカル鉄道をこれからも追っかけていきます。


 
スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://poinpohi.blog62.fc2.com/tb.php/132-fa4e5874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)