FC2ブログ
プロフィール

mkj64

Author:mkj64
19XX年生まれ、ふたご座、B型
鉄、競馬、クラシック音楽を趣味とする
休日は気ままに…

この「いつまでも気ままにいましょうね♪」をご覧いただいてありがとうございます。当ブログでは相互リンクを募集しています。ジャンルは問いません。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

いつまでも気ままにしましょうね♪
グダグダ書くブログへの変更を考えています
目的はどれ?谷汲駅跡、訪問記③
 前回②からの続きです。前回のはhttp://poinpohi.blog62.fc2.com/blog-entry-128.htmlをご覧ください。
 谷汲からの廃線跡はなかなかきれいな状態で保存されています。今回はその写真に沿っていきます。
fumikiri
 谷汲駅跡を出てすぐの踏み切り跡です。踏み切りの部分はすでに舗装されていますが、そこから駅をながめると、まるで終着駅のようです。

haisenato
 現在の結城のバス停から見える築堤に上った写真です。ところどころにバラストが残っており、ここにレールと枕木があればまさに線路として成り立ちます。

yamada fumikiri1
 現在の山田のバス停付近です。ここは県道40号とクロスしており、谷汲線はここから離れてます。次の写真はその県道と離れている部分、上の写真と反対側です。
yamada fumikiri2

yuki eki kana 1
 この写真は長瀬診療所の裏で撮ったものです。この付近に駅があったのではないか、と思わせる跡を見ることができました。
yuki eki kana 2
 写真の中央の大きな木の横に手すりのようなものがあります。この手すりが駅へ上る階段のように思われます。ここから100mほど歩いていくと谷汲口大橋があり、そこからさらに15分ほど歩くと、樽見鉄道の谷汲口駅に着きます。ここには旧国鉄から払い下げて、樽見鉄道で使われていたスハフ43が静態保存されていました。
スハフ43


 さて、今回の文章はあいまいですので、今回の谷汲駅跡から谷汲口駅までの地図を貼っておきます。ご参照にしてください(完)
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35.52444111&lon=136.61612778&p=%C3%AB%B5%E2%B1%D8
スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

コメント

たまに覗きにきま~す(~o~)
[2008/03/08 18:14] URL | らいw #- [ 編集 ]

コメありがとうございます
 週1回くらいは更新してますので、いつでもお越しください。また正直な感想を書いてもらってもいいですよ(^o^)丿
[2008/03/09 00:34] URL | mkj64 for らい #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://poinpohi.blog62.fc2.com/tb.php/129-ec65e481
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)