FC2ブログ
プロフィール

mkj64

Author:mkj64
19XX年生まれ、ふたご座、B型
鉄、競馬、クラシック音楽を趣味とする
休日は気ままに…

この「いつまでも気ままにいましょうね♪」をご覧いただいてありがとうございます。当ブログでは相互リンクを募集しています。ジャンルは問いません。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー(月別)

09 ≪│2019/10│≫ 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

いつまでも気ままにしましょうね♪
グダグダ書くブログへの変更を考えています
東海道本線完成に役に立った武豊
 前回、373系に乗車したことを掲載しました。その同じ日の午後、武豊に向かいました。武豊はかつて東海道本線の工事のための資材運搬の重要な拠点でした。
 明治時代に大阪と東京を結ぶメインルートについては中山道経由(現在の中央本線に近いルート)で計画されていました。そのときの船からの資材運搬の拠点として武豊港が使われていました。つまり、当時の鉄道で大府以東は未開通だったわけです。ところが、中山道は山の中であり非常にUP/DOWNがきついので後に東京~大阪のメインルートは東海道経由に改められました。その結果、武豊線は東海道本線大府駅からの支線として今も残っているわけです。
taketoyo station
kiha75

 大垣で昼食を済ませて、武豊駅に向かいました。大府から武豊線の列車に乗るわけですが、これは2両のディーゼルカー。知多半島は結構住宅が多いので昼間でありながら混雑してました。上の写真は武豊駅の駅舎と列車です。
taketoyo tenshadai
taketoyo soushajo ato

 武豊駅から徒歩20分くらいで操車場跡地に着きます。この跡地は武豊港が東海道本線の資材運搬の拠点でした。今は埋め立てが進み周囲は陸地が多く、また工場や倉庫もある関係で跡地の公園は狭いですが、かつてはかなり広大な土地だったそうです。
haisen 1
haisen 2
haisen 3
kyoudai 1
kyoudai 2
haisen 4

 そして、その操車場を後にして今度は武豊駅まで廃線跡を歩いていきました。このルートを歩いても20分くらいで武豊駅に帰れます。廃線跡はカーブの部分以外はご覧の通り、芝の状態で残っています。また、一部バラストも見えていました。現在この土地はJR東海の管理下にあります。上から2枚目の写真のように工事をしている部分もあります。将来、遊歩道や長細い公園になるのかもしれませんね。
スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://poinpohi.blog62.fc2.com/tb.php/114-6bd935c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)